図解、初心者のためのわかりやすい音符の長さ講座

ギターのノウハウ教えちゃお!

図解、初心者のためのわかりやすい音符の長さ

トップページタブ譜(tab)の見方、読み方音符のわかりやすい見方、読み方>図解、初心者のためのわかりやすい音符の長さ
スポンサードリンク
◆音符の長さを図で覚えよう◆

音符の一覧を見て、「それでもイマイチ長さが把握できない」、「ピンと来ない」という方もいらっしゃると思います。そこで音楽やギターに苦手意識を持つのももったいない・・・そこで、図を使って音符の長さを表にしてみました。


◆□=16分の1で参照してみよう!◆

この表は、4分の4拍子を例にした読み方です。1拍=□□□□。つまり□が4つで”イチ”とカウントして読んでいきます。これで完全に覚える必要はありません。何となく「あ!これくらいの長さなんだ〜」とバクゼンと知っておけばOKです。実際にギターを弾くようにしていくことで、長さに実感が持てるようになっていきます(※後に動画で解説予定)

図解わかりやすい音符の長さ講座
スポンサードリンク


◆16分割してみるとなんとなーくわかるかも!?◆

16分音符が出てくると、「何かよくわからないなぁ」という感じになってきますよね。もしくは付点が出てきたりすると余計わからなくなる・・・そういう場合は、上の表を参考にして分割してカウントしていくと、なんとなーく理解できるようになってきます。


◆覚えたら使ってみよう◆

譜面は、語学の学習と同じで「使わないと忘れるもの」です。私たちが学生時代(学生の方なら現在)、英語の単語や熟語を覚えたとします。しかし、ちょっと日数が経過すると忘れてしまいますよね。もし、その覚えた言葉を日常的に使用していれば、忘れることはないでしょう。


◆こうすれば音符の長さは覚えられる!?◆

このように、譜面も”習慣”づけることで覚えるようになります。とはいえ、初心者の方や苦手にしている方は中々読めないもの・・・基本的な知識を簡単に身につけたら、あとは好きな曲や知っている簡単な曲(童謡など)の譜面を眺めてみましょう。続けていくとその長さが理解できるようになっていきます。


≪YouTube動画で解説≫


 覚えたらタブ譜の解説へトライしてみる?

 音符の読み方のページへ行ってみる?


スポンサードリンク


カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介
スポンサードリンク


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved