学生、主婦、正社員…履歴書の書き方について、見本、気をつけること

仕事術情報サイト:infobiz

履歴書を書く上で心がけること、志望動機、自己PR

社会人、学生、主婦、そしてこれから社会へ出て働く人々すべてのために…仕事術、ビジネスマナー、スキルアップ、などを考え活用してゆくためのビジネス・仕事情報サイトです。就職・転職する上で基本的なことや、起業する(している)方の一例などを通して、あらゆる面から仕事術を考えてゆきます。
トップページ>履歴書の書き方

《履歴書の書き方》


(はじめに…企業にもっとも求められる要素、エンプロイアビリティとは?
(就職・転職する際に)履歴書を書く上で、気をつけなければならない点などをお話して行きます。

履歴書を買うと見本がついています。それらもまずは基本的な参考になさってください。
(※現在では、正社員用・パートアルバイト用と用途を分けて販売しているものもございますので、予めご確認下さい)

学歴を記載する上でも、現在では学歴早見表(年代)なども裏面などに付いているので、大変便利になりましたね。


さて、履歴書で一番気をつけなければならない点といったら何でしょうか?

『字』ですよね。『丁寧に書けているかどうか?』というのは第一印象(好印象)にもなります。

そこでまず、面接へのアドバンテージ(優位性)は獲得しておきたいところです。


例え字が苦手でも、丁寧に書けていれば評価して頂けるものです。

ただ、走り書き(続け字)のような形は避けておきたいところですね。

『しっかり、はっきり、明瞭に』であることを心がけてゆきたいものです。


《字が上手な人は優位に立てる!》

ある知人が履歴書を(就職のため)送付し、面接に挑んだ時のこと。

『○○さん(知人)は字がとても上手だ。入社して頂いたら○○を任せようと思う』

との、人事担当者の言葉があったと言います。

もちろん、その知人は採用となり多忙な日々を送っているとのことでした。

普段はあまり目立たない特技…入社面接(履歴書)の段階で、かなり深い部分まで見られているという意味でもありますね。


《志望動機について》

志望動機でよくあるケースに、

『御社の社風に惹かれました』とか、『企業理念が…』とか、

『将来性のある業種ですので…』というのが一般的です。(面接の場合)


しかし、これでは人事担当者をうならせるほどにはならないでしょう。

ではどうすれば良いのか…


前述のどれもが”受動態的な”発言とも取れます。

また、とってつけた雰囲気があってつまらないとも言えます。

競争率が低い時はそれでもよいのかも知れませんが、競争が激しい時は…入社は難しいとも言える状況になります。


ではどうするかと言いますと、能動的な文面(の書き方)の方が、印象は良くなると言えます。
(※企業によって控えめが良いとか、積極的な感じが良いとか若干異なります)

履歴書内容と面接内容はセットと言っても過言ではありません、この部分がとても大切な事項の一つであるということを覚えておきましょう。


《具体例…(参考になさってみて下さい)》

ありがちすぎて、NGなもの
(比較的落とされやすい例)

希望する会社の将来性(魅力その他)。
(悪くはないですが、こういった志望動機が一番多いですので、他の人と差をつけるためには具体的なものが必要)

やる気(だけ)を売り込むような文面。
(やる気があるのは皆同じです)

その仕事が好きだからというアピール。
(この動機だけでは採用の要因にするのは難しい)

未経験や自信のなさを出してしまう。
(そうであっても、あえて書く必要もないと言えます)

空欄にしておく(これは絶対避けたいところです)


比較的好ましい志望動機、
(具体的にアピール)

何を生かして行きたいか。
(自分が持っている経験、通った学校などを通して)

会社の中で何をやりたいのか、何ができるのか。
(具体的な動機が一番)

資格や実績があれば、それをアピールする文面。
(上記と合わせて、それをどう生かせるのかも追記)


パートアルバイト(学生・主婦)の場合で好ましい例、
(あまりぎくしゃくしない程度にわかりやすく)

これまでそういう仕事をしてきた経験があるという趣意。
(正社員もそうですが、経験者は優遇されます)

その仕事や現場、セクション(部署)への興味の高さを思わせる文面。
(正社員に比べると、あまり厳しく問われないものですが具体的に)

お子さんがいる場合などは不利に思われがちですが、その代替えとなる条件などを提案する文面。
(これは大切です。実際、家計の足しにしたいという動機が多いのですから、自分側のことよりも、会社にとってプラスの人材であることをアピールしたいところ)


《自己PRについて》

これは志望動機と重なる部分でもあります。

志望動機は『これからどうありたいか?』『企業の中でどう働きたいか?』という部分でもあります。

自己PRは『私は○○が出来ます!』『私が学んできた○○を御社で生かしたいと思っております』というようなことを示し、、

その人がそれまでに学んできた”経験や実績”にあたります。

就職(転職)準備(期間)とは、『その会社で働くために、どのような努力をしてきたか?』が問われるのです。

資格や学校での専攻科目などで自信のある部分については、アピールしておきたいところですね。

サイトメニュー
転職サイトが登録利用が無料の理由

履歴書の書き方

面接対策

職場の人間関係対処法

仕事の悩み

ビジネススキル

自宅でできる仕事

役立つビジネス用語


その他ご案内



履歴書の書き方 面接対策 職場の人間関係対処法 仕事の悩み ビジネススキル 自宅でできる仕事
役立つビジネス用語
Copyright(C)仕事術情報サイト〜Info biz〜All Rights Reserved.