面接マナー、基本的なマニュアル(必須事項)

仕事術情報サイト:infobiz

面接時に大切な服装、持ち物、振る舞いなどについて

社会人、学生、主婦、そしてこれから社会へ出て働く人々すべてのために…仕事術、ビジネスマナー、スキルアップ、などを考え活用してゆくためのビジネス・仕事情報サイトです。就職・転職する上で基本的なことや、起業する(している)方の一例などを通して、あらゆる面から仕事術を考えてゆきます。
トップページ>面接対策

《面接について》


履歴書を書き、(企業へ赴いて)面接を受ける際には気をつけることが多数あります。

主なものとして、

・服装(みだしなみ等)

・持ち物(面接時、そこへ行くまでに必要なもの等)

・面接時の振る舞い(基本的なマナー)

の三点が挙げられます。


《服装は清潔感が大事》

面接時はまず”印象”が大切です。ハツラツとして雰囲気の方が好感も持てますし、何より面接官も進行しやすい空気を作り出せます。

服装で、空気・面接官の心を”つかみ”ましょう。


スーツ(黒が基調、グレーなども)ワイシャツ(基本的に白)靴(黒が基本)

ネクタイ(男性の場合:シンプルなもので、派手さがないもの)等々、

”控えめで清潔感のある雰囲気”が好ましいとされております。

前述と若干重複しますが、”服装(みなだしなみ)はバランスと清潔感が大切”です。

姿見などでチェックし、(客観的に見て)良い状態で出勤(出社)しましょう。


《いざ、という時にでも対応できる持ち物》

意外と気づかないのが、持ち物に関すること。

携帯電話
(マナーモードにしておくことが大切・身だしなみのチェックにインカメラ機能を使う
 到着が遅くなりそうな時には、先方にに早めに連絡する等々)

ハンカチやポケットティッシュ、地図、(女性の場合特に)鏡・ストッキング(必須アイテムですね)

筆記用具、印鑑(交通費が実費で支給されるケースも)、(天候があやしい時は)傘等々。


『あらゆる事態を想定して』というのも、仕事に就く前の心構えとして必須条件とも言えますね。

企業にもっとも求められる要素、エンプロイアビリティとは?

《さて、面接での振る舞いは?》

凛とした姿勢はもちろんのこと、はきはきとした受け答え(声)、基本的なマナー(面接官に促されてから着席する等々)

面接官の目をまっすぐ見て、質問に率直に答えらるようにしておくことなども大事です。

一般論(差し支えない返答)でも可と言えますが、自分の意思や考え方をハッキリ伝えるということが尊重される時代傾向にもあります。


集団面接(複数人が同席)するケースも最近では増えているので、その際は自分のことばかりに終始せず、他の人の意見も聞くゆとりも必要です。

(他の人の意見を通して)質問を求められるということも当然ございますので、『今は自分の番ではないから』と、当然ながら最初から最後まで気が抜けませんね。


志望動機や自己PRについては、履歴書内容同様、面接時にも重複(確認のため)して質問されることが多いです。

受動的より、能動的な考えの方が良いのですが、『私が!私が!』とならないように気をつけたいところですね。
(※ちょっと控えめ…という日本文化を尊重する企業も多いので、その辺は面接官の言葉や空気を見ながら)

余談ですが、欧米などでは履歴書に”宗教欄”というものがあると伺ったことがあります。(実際、それがどういう宗教・宗派であることを尋ねることはなくなってきたそうです:差別と捉えられ、裁判になってしまうこともあるので)

”宗教をもつ=哲学がある/自分の考えをもっている”とみなされるのですが、日本ではそういったことはまだまだないでしょう。しかし、”哲学=確固とした考え方”があるか否かは見られる部分でもありますので、そういった部分は着実に磨いて準備しておきましょう。


サイトメニュー
転職サイトが登録利用が無料の理由

履歴書の書き方

面接対策

職場の人間関係対処法

仕事の悩み

ビジネススキル

自宅でできる仕事

役立つビジネス用語


その他ご案内

《1日15分で身につく》

敬語がうまく使えない。
あがり症である。
上手に話せない。
会話が続かない…

そんな方にオススメです。
ユーキャンの話し方講座

履歴書の書き方 面接対策 職場の人間関係対処法 仕事の悩み ビジネススキル 自宅でできる仕事
役立つビジネス用語
Copyright(C)仕事術情報サイト〜Info biz〜All Rights Reserved.